ERSG台湾カントリーマネージャーにLISA HSUが就任

ニュースに戻る

_にポースト March 2021 で Georgia Edmonds

ersgの台湾法人、の新カントリーマネージャーリサ・スーが就任したことをお知らせいたします

 

リサは台湾の採用市場で豊富な経験と印象的な実績があります。優れた経営洞察力を一貫して示し、目標を上回り、記録を更新している彼女は、台北オフィスの成長を支援するのに最適です。リサは、地元の最高の才能をグローバルな主要クライアントと結び付け、ersgの協力的で応答性の高いアプローチを通じて、より多くの台湾のクライアントをさらに引き付けることに焦点を当てます。

 

台湾は、風力エネルギーにとって理想的な条件と、業界の発展に対する政府の取り組みにより、東アジアの主要な洋上風力発電市場として台頭してきました。 20202月の時点で、361基の陸上タービンと22基の沖合タービンが稼働しており、総容量は845.2MWでした。洋上風力エネルギーの目標は2025年までに5.5GWであり、2026年から2035年の間にさらに10 GWの洋上風力タービン容量を追加することを約束しています。リサの経験と市場知識により、ersgはこの約束の実現を支援する熟練労働者を提供することを目指しています。

 

リサは次のようにコメントしています。「台湾のカントリーマネージャーとして、非常に温かく積極的な家族であるersgに参加できて光栄です。アジアで急成長している風力エネルギー市場を考えると、台湾は市場でより大きな露出を受け入れるための戦略的立場を持っています。 ersgとともに成長し、この社会のためにより持続可能な機会を創出することが私のコミットメントです。」

 

2020年は多くの人にとってユニークで厳しい年でした。ersgは私たちがビジネスとして成長し続けていることに感謝しています。リサのような優秀な人材とともに、2021年に何が起こるかを楽しみにしています。